« 帝劇 | トップページ | 今期のドラマ »

変な夢を見た

 変な夢を見た。むしろ、「嫌な夢」に属するかも知れない。

 殺人を犯して逃げ回っている夢だ。それも、両親を含め4人。しかし、何故か、それほど深刻に感じていない。何より、殺したはずの両親は生きていて、私を非難だかしている。夢の夢たる所以だ。しかし、それにしても、目を覚ました時の、「あっ、今のは夢だ。よかった。俺は殺人犯ではない」という気持ちはありありと残っている。若いころ、こういう夢をよく見て、そのうちに、どれか一つは、実は本当だったのではないかと思ったことがあったっけ。

 自己分析。何故、こういう夢を見たか。

1.アブラムシを殺しまくっているから。それが潜在意識となって、夢に現れた。今日も、大量に殺した。特に、たくさんついている葉はちぎって、水に沈めた。あーあ。

2.「罪と罰」の映画を飛ばしながらみたから。ラスコーリニコフの思いが乗り移ったのかもしれない。しかし、彼は、両親は殺していないな。

3.疲れているから。これかな?

|

« 帝劇 | トップページ | 今期のドラマ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変な夢を見た:

« 帝劇 | トップページ | 今期のドラマ »